美しく自然な二重まぶたでいたい!加齢・たるみに負けない作り方!

女性が美しくあるためには、年齢を問わずアイメイクが重要です。目の印象だけで表情は大きく左右されます。目は顔の中心的な存在で、印象をガラリと変える重要な部分なのです。日本人は半数以上が一重ですが、二重のぱっちりとした目に憧れる女性も少なくはありません。そして、問題なのは、加齢に伴い目の印象が変化してしまうということです。上まぶたのたるみにより、元々二重の幅が狭くなり、一重のような印象に変わってしまうからです。しかし、どうして、一重より二重の方が印象が良いのでしょうか。それは、一重よりも、二重まぶたの方が、瞳が大きく見え、はっきりとした印象になるからです。まぶたを半分に閉じた状態にすると、ぼんやりとした印象や疲れた印象になってしまいます。もしかしたら少し冷たい人のような印象になる方もいるかもしれません。アイメイクでアイラインを入れて、目を大きく魅せたり、形をはっきりと魅せるのはこのためです。若い時には、魅力的な目でも、加齢による変化を自分自身で感じた時、女性の多くは愕然とすることになってしまうのです。元々一重まぶたの女性が整形手術(埋没法)などで目の印象を変える人も少なくありません。しかし、その反対に加齢に伴い、印象が悪くなっていくことは女性にとっては耐え難いことなのです。整形手術の技術には、二重まぶたにするための埋没法や切開法・目がしら切開だけではありません。上まぶたや下まぶたの脂肪取りなどでまぶたの治療をすることも可能です。40代を過ぎると、上まぶたが垂れ下がり、二重まぶたが一重まぶたのようになり、目が開きにくくなる眼瞼下垂に悩まされる人も少なくはありません。こうした眼瞼下垂を手術し、治療によって大きな瞳をキープすることを希望する人もいます。眼瞼下垂の場合、整形外科や美容皮膚科に行くと保険適用で手術することが可能です。眼瞼下垂は手術しか選択肢はないといわれていますが、そうとも限りません。そもそも上まぶたのたるみは目の周りの筋肉の衰えにより生じます。筋肉の衰えの理由は人それぞれですが、筋肉を鍛えることでかなり症状が改善するケースがあるのです。やはり手術には抵抗のある方は、目の周りの筋肉を意識して動かすことを始めると良いでしょう。自分自身の変化や衰えは、心まで蝕んでしまい、表情まで曇らせてしまいます。表情が曇ると、筋肉を動かせていないことに繋がるため、間の周りだけでなく、顔全体の筋肉の衰えも招きかねません。手術に抵抗のある方は、上まぶたのたるみを改善するためのアイテムを使用するとよいでしょう。上まぶたに引き上げながら塗り、乾かすと若いころの二重まぶたに近づくことができるアイテムです。一重まぶたの若い女性が使用するアイプチのような効果が期待できるものですが、たるんだまぶたに有効な成分を配合されている商品なら、年齢・たるみに負けない二重まぶたを作ることができるでしょう。目の周りをマッサージしながら塗ることで、少しずつ改善することが期待できます。上まぶたの活性化には時間がかかりますが、毎日の積み重ねで変化を実感できるはずです。上まぶたの改善方法の選択肢が手術だけでないことを知っておくことが重要です。もう何をしても、昔の美しい瞳には戻れないと思い悩んでいると、顔の表情筋が全て衰えていってしまいます。大きく笑って、表情豊かに、表情筋を鍛えながら加齢に負けない肌をキープしていくことが大切です。

参考サイト:リッドキララの口コミ!効果を40代が3ヵ月検証!