コラーゲンの肌への効果は?サプリや食べ物で得られる効能は本当?

女性なら誰でも知っている「コラーゲン」という言葉。サプリやコラーゲン入りの食事がブームになっていますよね。飲食店でもコラーゲンが入っているとうたうだけで、女性客の心をつかむことができています。しかし、そのコラーゲンの効果は本当なのでしょうか?

元々、コラーゲンは皮膚や血管など、人間の体を構成する繊維状のたんぱく質です。もちろん顔の肌にも存在し、コラーゲンが減少すると肌の老化やトラブルが多くなると言われています。コラーゲンは体を構成する全部のたんぱく質の約30%を占めると言われているため、コラーゲンの減少は、顔の肌だけでなく、色々なところで変化がおきてしまうものなのです。コラーゲンは、人間の体内で作り出されるものなので、外部から与えて意味があるのかというところに疑問を抱かずにはいられません。

コラーゲンの中でも多く含まれているのは人間の皮膚です。その他、骨や軟骨、内臓などに至ります。飲むタイプのコラーゲンは、つまりタンパク質を補給していることにすぎません。つまり、コラーゲンのサプリなどを取り入れたとしても、それはたんぱく質が多く含まれている食品を摂取しているに過ぎません。摂取したコラーゲンは、アミノさんに分解され、のかのたんぱく質に分解されてしまえば意味がなくなってしまうのです。しかし、例えば鶏やすっぽんに含まれている自然のコラーゲンは吸収することが可能です。コラーゲンを外部から摂取したいなら、自然な食品から摂取するのが良いといえるでしょう。

または、コラーゲンそのものを摂取するのではなく、コラーゲンを作ることを補佐する役割を担う成分や、コラーゲンのもととなる成分を取ることが有効だといえます。よくあるコラーゲンを摂取した後すぐに肌の調子が良くなったなどというコメントがありますが、即効性は期待しない方が良いかもしれません。コラーゲンのもととなる成分を継続して取り入れることで、少しずつコラーゲンを増やしていくことが肝心です。このことから、いくら大量のコラーゲンを摂取したとしても、分解して再生させなければ意味がないことはお解りですよね。サプリメントを選ぶ際には、再生力のあるものや低分子タイプのものが良いでしょう。

サプリメントは食事だけで十分に必要な栄養素を摂取できない場合には有効です。相乗効果を狙うならビタミンCを一緒に取り入れると有効です。経口摂取(口から取り入れる)してもあまり効果を発揮できないコラーゲンですが、今は、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)というものが含まれた商品も存在します。

確かにコラーゲンペプチドも分解されてしまえば単なるアミノ酸です。わざわざコラーゲンを食べなくてもコラーゲンには合成されるのですが、日頃の食事管理が上手くいかない人には有効でしょう。コラーゲンを食べるとコラーゲンの切れ端が長い時間、血中に漂うことが論文でも発表されています。単なるコラーゲンの切れ端ですが、全く効果がないわけではないようですね。なので低分子コラーゲンなら試してみる価値は十分にあるのかもしれません。