洗顔スキンケアの重要性とは?肌の自然なリズムを大切にする秘訣!

人間の肌は、とても複雑なプロセスを経て、細胞が生まれ変わっています。肌の基底膜という部分で表皮細胞を生み出しており、毛細血管から栄養分を酸素を得て、肌の土台としての役割を担っています。この基底膜では、次から次へと新しい肌細胞が生まれ、下から押し上げられるようにしてなりたっています。基底膜の上には、分厚い有棘層があり、ここで、細胞が育ち、さらに下から押し上げられると顆粒層になります。この顆粒層には、紫外線を反射する作用があり、肌に透明感を与えてくれる美肌にとっては大切な部分になります。さらに顆粒層が押し上げられると、角質細胞となり、肌を外敵から守る役割を果たします。肌はこうした機能別に重なり合って成り立っています。細胞間脂質にはセラミドという潤いを抱え込む成分や、天然保湿因子(NMF)という水分を抱え込む成分があり、美肌にとって重要な役割を担っています。しかし、時間が経過するごとに細胞間脂質やNMFは失われやすく細胞が渇きがちになり、肌の乾燥や粉がふいたような状態になりやすくなってしまいます。そのため、常に肌表面には新しく生まれたばかりの細胞がでるようなケアが必要になるのです。つまり、古い細胞(時間が経過した細胞)を取り除くことが重要になるのです。肌は一定の厚みを維持しようとするため、古い角質が取り除かれると、新しい細胞を作ろうとします。そのため、洗顔で余分な角質を取り除くことが重要になるのです。しかし、色々な化粧品が出回っている現代では、肌表面に油分が多く含まれたクリームなどを重ねて塗ることで、角質細胞が剥がれにくくなってしまいます。美しくなるために塗り重ねている化粧品がぎゃう効果になっていることが少なくはないのです。たしかに、細胞間脂質に似せた働き(保湿成分)を入れ込むことは、乾燥を防ぎ肌にとって必要なことなのかもしれませんが、細胞がせっかく生まれ変わろうとしているのを阻止していることにもなるのです。アトピーや超乾燥肌の方は、掻いてしまうことで肌が防衛のために分厚くなってしまうことがあります。これを上手に取り除くことが、肌本来の美しさを引き出すために重要なことなのです。そもそも肌の機能として、余分な角質を排泄する機能は備わっています。反対に外部からの栄養を肌から取り入れることは不得意なため、現代的な塗り重ねる美容法はあだの生理に反しているのです。現代的なスキンケアは、肌の排泄機能を重要視しておらず、栄養を与えるばかりの甘やかすスキンケアに重点を置き過ぎな傾向にあるのです。洗顔の見直しや、肌にとって必要のない角質を取り除く美容にこそ重点を置くべきなのです。必要なのは、自然な排出を邪魔しないことです。「洗顔美容」「取り除く美容」「塗り重ねない美容」これらが、本来の肌の機能を生かした美容法だといえるでしょう。肌の自然なリズムを大切にし、手助けしてあげるような美容を試みるべきでしょう。ファンデのいらない本来の肌の美しさに着目した肌作りが重要だといえるのです。

pgcd 口コミ